すねちゃまCAMP

すねちゃまCAMP

【コーヒー】美味しいコーヒーを飲むならハンドドリップがおすすめ!「HARIO(ハリオ) V60 コーヒードリッパー」

【コーヒー】美味しいコーヒーを飲むならハンドドリップがおすすめ!「HARIO(ハリオ) V60 コーヒードリッパー」


no-img2
スネミ
元コーヒーショップ店員 スネミです。

これからの季節,キャンプでコーヒーは欠かせないですよね!寒空で星を眺めながら,暖かいコーヒーを飲むと,心が洗われるような気持ちになります。今日は,家でもキャンプでも,美味しいコーヒーを淹れることができるコーヒードリッパーを紹介します。

ハンドドリップのススメ

キャンプで淹れたてコーヒーを飲む方法はいくつかありますが,最も手軽に美味しく入れられる方法は,「ハンドドリップ」です。コーヒーのバリスタが,おしゃれにお湯を注ぐハンドドリップのシーンは,誰もが見たことあるのではないでしょうか。

おしゃれキャンパーは,雰囲気重視でネルドリップなんかやっちゃいますが,ネルの布は正しく管理しないと雑菌が繁殖したり,乾燥して上手く抽出できなかったりするので,お手軽に美味しいコーヒーを飲みたい方は,ハンドドリップがおすすめです。

ハンドドリップは,慣れるまでは難しいですが,コツさえつかめば,簡単に淹れることができます。

HARIO(ハリオ) V60コーヒーサーバー02セット

今回紹介するのは,世界のバリスタが認めるHARIO(ハリオ)V60ドリッパーです。このドリッパーの特徴は,円すい型であることです。ドリッパーには台形型と,円すい型があり,台形型は味や香りが安定する特徴があります。一方,円すい型は淹れ方によって,お湯がコーヒー粉に触れる時間が変わるため,味と香りに違いを出すことができます。そのためV60は「淹れる人が味を作ることのできるドリッパー」と言われています。
ドリップフィルターで見るとわかりやすいですが,左が台形型,右が円すい型(V60 ドリッパー用)です。

そして,今回私が購入したのは,HARIO(ハリオ)V60コーヒーサーバー02セットです。

V60コーヒーサーバーセットは,V60透過ドリッパーの他に,軽量スプーン,V60用ペーパーフィルター,V60コーヒーサーバーが付属しています。こんなに付属しているのに1500円以内で購入することができます。ペーパーフィルターは,運良く40枚入りで増量中でした(^_-)-☆

美味しく抽出できる秘密

V60のドリッパーは,スパイラルリブと呼ばれるくぼみのある構造で,ペーパーが直接ドリッパーに触れないようになっています。これにより,コーヒー粉がしっかり蒸らされ,雑味のない,ネルドリップで淹れたようなまろやかな味になります。

美味しいコーヒーを淹れてみよう

早速,ハンドドリップでコーヒーを淹れていきます。今日のコーヒーは,coffeecade(コーヒーケイド)というゲーミングコーヒーです。

このコーヒーのキーワードは「Coffee for Gamers.」とのこと。スネヲのようなインドアキャンパー向けのコーヒーです。
味は酸味がまろやかで甘味が若干あり苦味は少なく飲みやすいブレンドになっているとのことです。とても楽しみです( *´艸`)

お豆を見てみると,浅煎りで,かなり酸味がありそうな予感…。コーヒー本来のフルーティーな味わいが楽しめそうです。

お豆は,コーヒーミルで挽いていきます。コーヒーミルは、キャプテンスタッグハンディミルです。このハンディミルは,以下の記事で紹介しています。
燕三条製 キャプテンスタッグ アルゴ ハンディコーヒーミル

お豆を挽き終わったら,ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。ペーパーフィルターは、V60ドリッパーの専用品です。価格は,数百円ですので,高いものではありません。

このペーパーフィルターは,かなり特徴的です。普段コーヒーメーカーで使っている100円均一のペーパーフィルターと比べてみます。
写真の左が100円均一,右がV60ドリッパーの専用品です。

まず,前述の通り形が違います。100円均一のフィルターは台形型,V60ドリッパーのフィルターは円すい型です。角度も90°の直角円すいです。

フィルター表面の形状も異なります。
こちらは,100円均一のフィルターですが,薄くてツルツルしています。

一方,V60ドリッパーのフィルターは,表面が加工されており,ザラザラしています。恐らくお湯が通るときに,コーヒーとうまく絡むように,考えられているのだと思います。

コーヒーミルで挽いたお豆を,ペーパーフィルターに入れます。

あとは,沸かしたお湯を注いでいきます。お湯の温度は,95℃前後が適温です。まずは,コーヒー粉を蒸らすために,少量のお湯をそっと乗せるように注ぎ,コーヒー粉全体に均一にお湯を含ませます。この工程を行わないと,お湯とコーヒー粉がなじみにくくなり,美味しい成分を十分に引き出すことができません。

蒸らし終わったら,お湯を注いで抽出していきます。コーヒーの抽出は,少し時間がかかりますので,何回かに分けて,お湯を入れていきます。水面が上から1/3程度減ったら次のお湯を注ぐようにし,3分以内に入れ終わるようにすることが目安です。お湯は中心に真上から注ぐようにします。上記を守らないと,雑味が混ざってしまいます。

コポコポとコーヒーがポットに抽出されます。楽しみな瞬間です(*´з`)

淹れ終わったカスの表面を見ると,細かな泡が残っています。表面に細かな泡が残っていれば,抽出されたコーヒーは,雑味のないクリアな味になっているはずです。

抽出したコーヒーは,お気に入りのカップに注いでいきます。

できました!ハンドドリップで淹れたコーヒーは,淹れ方によって毎回味が少し違うので,飲んでみるのが楽しみです。
肝心のコーヒーのお味ですが,かなりフルーティーで,予想どおり酸味が強い味でした。

酸味が強いときは,ミルクを入れてまろやかな味にしましょう。飲みやすくなります。酸味が苦手な方は,深煎りのお豆を選ぶのも良いです。

まとめ

ハンドドリップで,淹れ方を研究しながら美味しいコーヒーを作るのは,とても楽しいです。お豆によって,淹れ方を変えてみたり,お湯の温度を低くしてみたり…,ハンドドリップは奥が深いです。おすすめですよ( *´艸`)
キャンプでは,ドリッパーとペーパーフィルタのみを持っていけば,大丈夫!ドリッパー単品であれば,数百円で買えてしまいますよ(*´з`)

HARIO(ハリオ)V60 コーヒードリッパーセット おわりっ!

【 ランキング参加中です(^_-)-☆ 】
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)