すねちゃまCAMP

すねちゃまCAMP

【レイサ6】2ルームテントの内向きスカートをDIY!冬キャンプの防寒対策![ノルディスク レイサ6 レガシー 2019編]

【レイサ6】2ルームテントの内向きスカートをDIY!冬キャンプの防寒対策![ノルディスク レイサ6 レガシー 2019編]


no-img2
スネヲ
寒くて寝れないキャンプは嫌!スネヲです。

今日は,nordisk(ノルディスク)のレイサ6 レガシーのための防寒対策として,スカートをDIY(自作)することにしましたので,その制作過程を紹介していきたいと思います。結構安く,簡単にできちゃいますよ~!
レイサ6 レガシー 2019については,下記の記事で紹介しています。
【限定数量100張】コットンテント レイサ6 レガシーをちょっとだけ紹介!

レイサ6 はスカートが無い!?

レイサ6 はスカートが付いていない仕様です。どういうことかと言うと,2ルームテントの地面との境目の部分が,5〜10cm浮いています。

夏場は,通気性が良くていいのですが,冬キャンプでは,この通気性が致命傷です。ここから冷気が出入りするため,テント内をいくら暖めても,暖かくなりません。家で言うなら,常に窓が半開きの状態です。

この地面との隙間を埋めるために,ポールを短くする強者もいらっしゃるようですが,そんな技術は到底無いため,スカートをDIYで作りたいと思います( `ー´)ノ

ブルーシートでDIY(自作)

他の方のDIYを参考にしたところ,ブルーシートで作るのが最も安く,良い出来栄えに仕上がるようです。ブルーシートといえば”青色”が一般的ですが,青はちょっとかっこ悪いので,緑のグリーンシートを準備しました。

サイズは,1.8m×1.8mの大きさのものを2セット,準備しました。とても「ユタカメイク」というメーカーの商品で,とても安く購入できます。

もっと大きいシートを使った方が,長いスカートを作ることができるのですが,大きいシートは,値段が高くなってしまうため、最も経済的なこの大きさのシート(1.8m×1.8m)を採用しました。また,レイサ6 レガシーの色に合わせるなら,シートはブラウンや,サンドカラーの方がマッチするのですが,それらの色のシートは,やはり値段が高いため,グリーンシートを購入しました。費用に糸目をつけない方はオススメします。

準備品

準備品は以下です。シート以外は100円均一で揃えられます。今回,シートを含めた総価格で1,500円未満で作ることができました。

【準備品】
(1)シート
(2)カッター
(3)布粘着テープ(仮留め用)
(4)ゼムクリップ(ワイドタイプ)
(5)両面テープ
(6)便利ベルト

以下,それぞれ紹介していきます。

カッター
グリーンシートを切るのに使用します。グリーンシートは,ハサミよりカッターの方が真っすぐ簡単に切ることができます。

布粘着テープ(仮留め用)
グリーンシートをカッターで切る際,仮留めのために使用します。貼り剥がしできるものであれば何でもいいです。後述しますが,あまり粘着力がないテープの方がいいです。

ゼムクリップ(ワイドタイプ)
テントとスカートを固定するためのクリップです。大きめのものを選んで下さい。私は100円均一ダイソーで,一番大きいクリップを買いました。

両面テープ
シートの固定で使用します。使用方法は後述します。なるべく強力なものがいいです。私はこちらの商品も,100円均一ダイソーで購入しました。太さは,15〜20mmのものを選びました。

便利ベルト
作成したスカートを携帯するときに,グルグル巻きにして固定するために購入しました。こちらも100円均一ダイソーで購入しました。このベルトは,テントのポールを収納する際の固定にも使えて,とても重宝しています。かなりオススメです。

スカートの作り方

さっそく制作していきます。
まず,グリーンシートを広げます。このシートを6等分で2セット,計12枚のスカートを作っていきます。

グリーンシートの大きさは1.8mなので,30cm間隔で切っていけば6等分になるはずなのですが,グリーンシートの寸法はかなり誤差があります。また,ハトメの位置も寸法通りではありません。なので,はじめに四方の寸法を計測した上で,6等分してください。
私は,下の写真のように,寸法を測って6等分したところに,養生テープを目印に付けました。

ここで注意点です。私が購入した養生テープはかなり強力なテープだったらしく,寸法誤りのため剥がしたら,グリーンシートも少し剥がれてしまいました。

そんなに薄いシートではないのですが,強力な養生テープの場合は,このようになりますので,ご注意下さい。剥がれたところは白くなってしまいました(*_*;

作業に戻ります。
次に,養生テープで目印を付けたところを山折りし,カッターで切っていきます。

折り目は,爪でしっかり付けた方がカッターで切りやすいです。

全て切り終わりました。切る作業は大したことないのですが,寸法通りに養生テープで目印を付ける作業に時間を取られてしまいました。ここまでで作業工程の半分です。

次に,切ったシートの端の部分に等間隔でクリップを設置します。クリップの向きは,短い方がこっち側に向くように設置してください。

私はシート1枚あたり,5個のクリップを付けました。このクリップでテントとスカートを固定するのですが,数が多いと設置するのが大変なので,もしかしたら現地合わせのとき,クリップの数を減らすかもしれません。
また,両面テープをクリップを避けるように貼り付けていきます。

次に,クリップを折り込むようにシートを折り曲げ,両面テープを剥がして固定します。このようにすることで,クリップをスカートの”すそ”に,うまい具合に隙間なく設置することができます。

これを全てのシートで行えば完成です。あとは現地で,テントの内側から内向きにクリップで固定するだけです。ちょっと太いような気もしますが,大は小を兼ねるということで良しとします(*´з`)

最後に便利ベルトの登場です。便利ベルトがあれば,ご覧の通り,こんなに小さく収納することができます。しかもフランスとドイツを彷彿させるステキなデザイン!これは一押しです!

まとめ

ほかの方がDIYしたスカートは,ダブルクリップで留めるタイプが多いです。ダブルクリップの場合,テントの”すそ”の部分と,スカートを綺麗に留めることができず,クリップが外れてしまったり,隙間ができてしまうように思います。一方,今回紹介した方法でスカートを作成すれば,隙間なく設置できますし,内向きに設置すれば,外からの見た目もスッキリしますよ(^_-)-☆年末のキャンプで,今回制作したスカートを使ってみたいと思います。これで防寒対策もバッチリ!次の冬キャンプが楽しみです。

【レイサ6】2ルームテントの内向きスカートをDIY! おわりっ!

【 ランキング参加中です(^_-)-☆ 】
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)