すねちゃまCAMP

すねちゃまCAMP

【DIY】自作で薪割り台を作ろう!500円で自分だけの薪割り台が完成!?

【DIY】自作で薪割り台を作ろう!500円で自分だけの薪割り台が完成!?
no-img2
スネヲ
キャンプ用品のDIY大好き!スネヲです。

今回は,ホームセンターと100円均一を駆使して,DIYで薪割り台を作りましたので,作り方を紹介したいと思います。なんと!格安500円で作れましたので,是非皆さんも参考にしてみて下さい。

DIYのきっかけ

焚き火のとき,薪割りしますよね!バトニングで薪を割る時,薪割り台が無いと,地面に薪を固定して,バトニングすることになります。バトニングにはオノやナタ,ナイフ等の刃物を使用しますので,安全上,しっかり薪を固定するために薪割り台が欲しいところです。
私が調査した限りでは,Amazonや楽天などで売られている薪割り台は,大きいサイズ(30cm前後)が多いです。私の場合,オノやナタは使用せず,ナイフでバトニングするため,できれば持ち運びしやすい,小さな薪割り台が欲しいところ…でも,なかなか良いのが売られていないんです…( ゚Д゚)


また,メルカリで良さげな薪割り台を個人販売してる人もいますが,だいたい2000円前後となかなかのお値段です。悩んだ結果,「こうなったら,自分で作ってしまおう!」ということで,ホームセンターへ足を運んだのがDIYのきっかけです。

木材選び

薪割り台は,バトニングの衝撃に耐えられる硬い木材を選ばないといけないのですが,正直何を選んだらよいか,よくわかっていません…。とりあえず,中身が詰まった木が硬いはずなので,年輪がたくさんある北欧風の木材をホームセンターでチョイス!直径12cm,高さ6cmくらいのもので,良さげなものがあったので,速攻で購入!お値段は,250円くらいだったと思います。何という種類の木材なのでしょうか…わかる方教えて下さい。

木材を100円均一でデコレーション!

正直なところ,木材のままでも薪割り台として使えるのですが,このまま使用したら芸がありませんので,100円均一のグッズで改造していきます。
100円均一で購入したのは,「アイアンハンドル」と,用途がよくわからない「ギヤスタンド」です。

アイアンハンドルは,サビ加工がなされており,アンティークな色合いです。ネジも2本付属しています。

アイアンハンドルはモノづくりの町,新潟県燕市の会社が作っているので,なんとなく安心してしまうのは私だけでしょうか…。

もう一つの100円均一商品「ギヤスタンド」は,歯車の形をした合金製品です。コースターなのでしょうか…今回は土台として,このギヤスタンドを使います。

買ってから気づいたのですが,歯車が一箇所欠けてしまっています…100円なので,しょうがないですね…。このまま使用することにします。

改造していくっ!

まずはじめに,工具を使ってアイアンハンドルを写真のように曲げ加工します。これを木材に取り付けて,取っ手にしようという作戦です(^_-)-☆

取り付けイメージは、こんな感じ↓です。いい感じ!

次に電動ドリルでビスの位置に穴をあけます。硬い木なので,ビスの径や長さに合わせて穴をあけないと,取り付け時にビスが折れてしまいます。慎重にあけていきます。

ビスを取り付けました。少し曲がっているように見えた方,気のせいです。

次にギヤスタンドを土台部分に取り付けていきます。

このギヤスタンドは,裏面に4箇所,突起があります。

この突起に合わせて,木材に4箇所,穴をあけていきます。

ギヤスタンドをはめ合わせました。歯車の欠けた部分は,目立たないように取っ手の部分にくるように固定しました。

このとき,接着剤で固定した方が良いのですが,穴の位置がピッタリ合って,うまい具合に固定されたため,接着剤は使用しませんでした。

次に,ギヤスタンドは真ん中に2箇所,穴が空いているので,家にあった真鍮の釘を打ち込みます。この釘を打ち込むだけで,キラッとオシャレになります。

これで完成です。

取っ手を付けることで,持ち運びし易くなりました。また,土台にギヤスタンドをつけることで,地面に置いたときの安定感が増しました。

実際にキャンプで使用してみましたが,柔らかい土の地面でも,問題なく使用できました!

まとめ

薪割り作業って,焚き火の醍醐味ですよね!薪割り台をDIYして,ますます薪割りが楽しみになりました。ホームセンターや100円均一では,DIYに便利なものがいろいろ売っており,上手く活用することで,今回のように格安でステキな薪割り台を作ることができます。気になった方は,薪割り台のDIYに是非チャレンジしてみて下さいね!

薪割り台のDIY! おわりっ!

ランキング参加中!ポチッお願いします☆彡
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)