すねちゃまキャンプ

スネヲキャンプ

【吉田パン】昔ながらのコッペパンが食べられる!あの福田パンを継承した亀有のコッペパン

【吉田パン】昔ながらのコッペパンが食べられる!あの福田パンを継承した亀有のコッペパン
スネミ
コッペパンにはうるさいスネミです。

今回は、東京の亀有にあるコッペパン専門店「Lucky Bread 吉田パン」を紹介したいと思います。こちらは、コッペパンを求める人たちで、連日行列が絶えないお店です。
なぜなら、あの岩手県盛岡市のソウルフード、「福田パン」で修行を積まれた方が、開いたお店だからです。

コッペパンが売り切れ次第閉店…

開店時間は夕方の17時までですがパンが売れ切れ次第、閉店してしまうため注意が必要です。

【追記】
吉田パン本店は,20201月に亀有駅北口から南口に移転しました。
移転後のお店は202041日にオープンしました!移転後のお店はこんな感じ

【店舗情報】※移転後
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3丁目27-4
営業時間:7:30~17:00

 
当日は、14時すぎに車で到着。近くのパーキングに停めれば1時間分の無料チケットがもらえます。30分200円のパーキングだったので、助かります。パーキングの場所は歩いて1分も掛からないところにあります。最寄りの亀有駅からは、徒歩5分くらいです。

行列必死!待ち時間でトッピングを選択

中へ入ると既に7人くらいが並んでいました。カウンターにはおしながき(メニュー)があり、待っている間に確認ができます。ここに記載されているのは定番商品です。
季節によっては限定トッピングがあり、店内に掲示されています。

またトッピングに加えて、ダブルで組み合わせることもできます。例えば黒豆きなこと、こしあんの組み合わせのように♪(´ε` )
詳しくは、注文時に聞いてみて下さい。

賞味期限は当日中

私はたまにしか来れないので大量発注。11個も頼んでしまいました(*´з`)
しかしながら、賞味期限は当日中になります。皆さんは食べれる分だけ買いましょうd( ̄  ̄)
翌日の朝に食べたい人は,冷蔵庫で保管すれば何とかなりそうです( *´艸`)

たくさん買うと、紙袋に入れてくれます。

シンプルなデザインで素敵です(^_-)

惣菜パンと菓子パン、あなたはどっち派?

私は、日曜限定のラッキードックを食べたかったのですが、当日は日曜ではなかったためクッキー&クリームをチョイス。
甘い菓子パンにするか惣菜パンにするか迷ってしまいます(о´∀`о)

ちなみに具材が入っていないプレーン(100円)も買うことができます。自分で具材を準備して家で楽しみたい方はプレーンがお得です。なお、プレーンでも切り込みが入っています。私は4つプレーンを購入し、翌日の朝食でラッキードックを作りましたよ(^з^)-☆

一つでも十分満足!

大きさはこのように手に収まりきらないくらいデカイです(*´ω`*)
例えるなら大根くらいの太さ、長さは20センチくらいです。

中の具材は意外に薄塗りです。でも、食べるとちょうどいい具合にパンとマッチング^_^

クッキーのサクサク感がなんとも言えず、美味しいです。中の具材は軽量しながら入れていますので、少なくなることは無いようです。

まとめ

どこか懐かしい味が楽しめる吉田パン、お店に家が近い人は羨ましい限りです。午前中の早い時間であれば混雑せず、並ばずに購入できますよー。

吉田パン 終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。ほかの記事も是非読んでみてくださいね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)