すねちゃまCAMP

すねちゃまCAMP

【サンシェード】海やフェスでも大活躍!オシャレでかわいいサンシェード★ CHUMS(チャムス)ブービーサンシェード

【サンシェード】海やフェスでも大活躍!オシャレでかわいいサンシェード★ CHUMS(チャムス)ブービーサンシェード


no-img2
スネヲ
こんにちは!
夏をこよなく愛するスネヲです(^_-)-☆

今年は異常気象…
5月だというのに,最高気温30度を超える真夏日になった地域もありますよね。
スネヲはインドア派ですが,夏は大好きです。だから,暖かくなると公園や海に行きたくなっちゃいます( *´艸`)
以下はスネヲ家の日常会話の一部始終です。

no-img2
スネヲ
いい天気だし公園行こうぜ!
no-img2
スネミ
暑いからイヤ。ひとりで行けば?
no-img2
スネヲ
…さて,
おうちで,ゲームやろうかな…

なんとさみしい家族の会話でしょうか…
これではインドア系のもやしっ子から,いつまでたっても脱出できません。スネヲは考えて,考え抜いた結果,一つの答えを出しました。

サンシェードで日影を確保

ということで,スネヲの独断と偏見で,サンシェードを買うことにしました。
大型フェスでよく見るアレです。
これさえあれば,暑い夏も快適に過ごせるはず!

no-img2
スネミ
でもサンシェードって,いろんな種類あるよね?
no-img2
スネヲ
・・・

サンシェードは,2種類に大別できる!

スネヲが調べた結果,サンシェードは「ポップアップ型」と「テント型」の2種類存在することがわかりました。それぞれ説明します。

ポップアップ型
パッと投げると,1秒で広がり,容易に組み立てができるテントです。ワンタッチテントとも呼ばれます。
骨組みとシェードが一体型になっているため,強度にやや不安はありますが,軽いため持ち運びが容易です。

このテントの注意点としては,折りたたみにコツがいります。慣れるまではかなり苦労します。
スネヲ氏,過去にポップアップ型テントを所有していたことがあり,折りたたみに2人がかりで10分以上かかった経験があります(‘Д’)

テント型
一方,テント型は,骨組みが別になっている簡易型のテントです。
骨組みがしっかりしているので,多少の風が吹いても問題ありません。
ただし,ポップアップ型と比べると,骨組みの分,組み立てと撤収が容易ではありません。

夏場のキャンプ場であれば,これで寝泊まりできそうなテントです。

風で飛ばされにくいのはテント型

海辺や風が強い日にサンシェードを使用すると,風にテントがあおられてしまいます。さらに,ポップアップ型は軽いため,ペグで固定していても,飛ばされてしまったり,形が激しく崩れてしまうことがあります。

また,前述のとおり,スネヲはポップアップ型の折りたたみが嫌いです(*´з`)
よって,テント型に絞って,選ぶことにしました。

プライバシー重視でフルクローズタイプを選定!

スネヲ家は,散らかし屋なので,オープンタイプは見た目的に好ましくありません。よって,プライバシーが確保できるフルクローズタイプから選定することにしました。
しかしなら,オシャレを条件に探すのは一苦労…でも,ありましたよ(^_-)-☆

CHUMS(チャムス)ブービーサンシェード

少し値段はお高めですが,CHUMS(チャムス)より,フルクローズタイプの良さげなテントが販売されているのを発見し,即購入!

インドア派のもやしっ子脱出のため,早速公園で試し張りしました。
まず,収納時のサイズはかなり小さめです。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 12fc300c-8e5e-4cee-8ef1-c77322472034.jpg です
長さは1メートルくらいで,肩掛けヒモが付いています。CHUMS(チャムス)のロゴ,ブービーバードがプリントされています。

中身はいろいろ入っています。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 61e361a3-5034-45c3-9352-c20c178bc1f8.jpg です
左から,テントの骨組み,ペグ,砂袋,シェードです。

一人でも組み立て可能

一人でも全く問題無しに組み立て,撤収できました。
以下,一人での組み立て方法を説明します。

1.シェードを広げます。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c7f9143f-8ea3-4670-b7d5-453bf4ea8c52.jpg です

2.骨組み(ポール)を組み立てながら,シェードに挿入していきます。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は b86e529f-c4c9-440e-95e7-580afff64de5.jpg です

3.骨組み(ポール)を4つ角のうち,3か所に挿入します。この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4e85e389-cb64-46bc-8ff1-da66037fff43.jpg です

3か所の穴に挿入すると,こんな感じ( *´艸`)
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4f3e196c-d078-49fe-b6ee-26d7f866b434.jpg です

4.残りの1か所にぐいっと力を入れて,立ち上げながら挿入します。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e164dba6-d0a1-4976-a242-088a32cbb723.jpg です

5.シェードの留め具を固定します。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 562fa38b-252a-4f2d-91ef-23c473763d70.jpg です

6.完成!!!
5分くらいで設置できました。慣れてしまえば,もっと早く組み立てられそうです。トリコロールカラーがオシャレですよね★
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1b890af8-7475-4552-a2d2-75fae903476c.jpg です

中はとても広いです。大きさは180 × 210cmですので,大人3人が川の字で寝れます。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1e2e95c1-ac35-4638-bba0-db1f95a4ac6c.jpg です

シェードがホワイトなので,中に光が通って明るいです。
明るいですが,UV加工が施されているため,紫外線は安心です。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 81e573ed-8f6b-4896-9504-6cd550cc6ea8.jpg です

4方向の出入り口は,メッシュとシェードの2重扉になっています。
暑い日は,2方向,または4方向共にメッシュにして,風通しを調整できます。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は f09928ff-a2e1-4d51-8e99-d545f991d363.jpg です

撤収時に気づいたのですが,このテント,ポールを全て外しても,中の空気が抜けません。密封性が高い証拠です。

1か所,ファスナーを少し空けてあげれば,徐々に空気は抜けますので,撤収しづらいことはありません。
撤収作業は組み立ての逆手順でOKです。

後から調べたら,CHUMS(チャムス)でかわいらしいテントが他にもありました。

ブービーバードの顔らしいですが,ひよこが口空けてるみたいでカワイイです( *´艸`)
↓こんなのもありました。2人用で少し小さめのようです。

まとめ

スネヲ家はテント型を選びましたが,ポップアップテントも風が弱い日は使い勝手が良いです。でも,プライバシーを確保したいなら,今回紹介したブービーサンシェードがおすすめ(^_-)-☆
今年の夏は,大活躍しそうな予感です( *´艸`)

ブービーサンシェード 終わりっ!

【 ランキング参加中です(^_-)-☆ 】
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)