すねちゃまCAMP

すねちゃまCAMP

【便利商品】サビをこするだけでピカピカに!一家にひとつ常備しよう!アサヒペン「金属みがき」

【便利商品】サビをこするだけでピカピカに!一家にひとつ常備しよう!アサヒペン「金属みがき」
no-img2
スネヲ
アンティークなキャンプギアにハマっているスネヲです。

アンティークな商品って,レトロな雰囲気を醸し出してくれて,キャンプシーンが“映え”ますよね。同じものを持っている人が少ないので,所有欲があり,愛着も湧きます。
しかしながら,“アンティーク”という用語はおしゃれに聞こえますが,言葉を言い変えれば“古い”商品。特に金属製品は経年によるサビが発生し,購入したときから既にサビが…なんてこともあるのではないでしょうか。

私が先日購入したアンティークなストーブ「ニッセンストーブ ルピナス」も,経年によるサビが発生しており,このまま放置するとサビが進行してしまう状態でした。経年40年くらいなので,しょうがないことでもあります。
そこで,購入して間もないストーブですが,サビ取り作業を実施することにしました( `ー´)ノ

ちぎってこするだけ!「金属みがき」

今回サビ取り作業に使用したのは,アサヒペンの「金属みがき★ピカピCANミニ★」です。

中にはワタが入っており,これをちぎってサビの部分をこするだけでサビを除去できます。使用後,しっかり密封できるチャック付きです。

ワタの秘密ですが,ワタには研磨剤や界面活性剤が含まれており,金属の研磨と同時に変色や汚れの付着を防止してくれます。金属製品全般に使用することができ,真鍮やブリキ,ホーローにも使用できます。

ニッセンストーブを綺麗にしていくっ!

まずは,先日購入したアンティークストーブ「ニッセンストーブ ルピナス」のサビを除去して綺麗にしたいと思います。
ルピナスについては,下記の記事で紹介しています。
日本船燈ニッセンストーブ「ルピナス」

サビが気になるのは,ガラスを囲う金属の部分です。よく見ると,細かいサビや酸化汚れが確認できます。

さっそく、ワタをちぎって、ゴシゴシ磨いていきます。

ある程度磨いていくと,ワタが黒くなってきます。ワタで金属を研磨してサビを落としているためです。研磨が終わったら,ティッシュで拭き取って完了です。

心なしか,キラキラして,光が反射するようになった気がします。

また,写真のようにポツポツしたサビ汚れは,放っておくとサビが進行してしまうため,こちらも金属みがきで磨いていきます。

【Before】

【After】

完全にサビを除去するのは難しいですが,かなり目立たなくなりました。
変色や汚れの付着も防止してくれるため,サビが除去できなくても,やらないより効果があります。

次は本体の火口部分です。

【Before】

【After】

火口部分は,ガンコなサビが付着していたため,かなり苦戦しましたが,割と綺麗になりました。サビがひどい場合は,全てを除去することは難しいため,あきらめが肝心です。

続いては,こちらのボックスです。

お店の展示品を少し安く購入したため,金属部分にサビの素となる酸化汚れが見られます。

この金属部分をプラスドライバーで取り外して,金属みがきで磨いていきます。

こちらも先ほどと同じように,ワタでゴシゴシ磨くと,ワタが黒くなってきます。そこまで強い力は要りません。

最後にティッシュで拭き取れば完了です。まだ,サビの初期段階だったので、ピカピカに綺麗になりました。
【After】

まとめ

金属みがきを使うと,汚れた金属が綺麗に蘇ります。古いキャンプギアも,新品とまではいきませんが,購入時の状態に近づくと思います。もし,キャンプギアを手放す場合にも,この金属みがきで磨いてから,リサイクルショップやメルカリで販売すれば,査定額や販売金額がUPすると思います。一家に1つ,あると便利ですよ(^_-)-☆

サビをこするだけでピカピカに!アサヒペン「金属みがき」 おわりっ!

ランキング参加中!ポチッお願いします☆彡
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

*
*
* (公開されません)