スネヲキャンプ

スネヲキャンプ

【最強】ハエ,ブユ,アブがいなくなる!キャンプでおすすめの虫よけ対策!

【最強】ハエ,ブユ,アブがいなくなる!キャンプでおすすめの虫よけ対策!

また

スネヲ
キャンプの虫よけ対策って大事!スネヲです。

だんだん暖かくなるとキャンプへ行きたくなりますよね。
でも暖かくなると、害虫がタープの下を飛び回り、虫嫌いな私としては不愉快極まりないです…。
楽しいBBQの最中、箸の先にハエが止まると気持ちがゲンナリしてしまいます。

今回は、我が家で実践している最強虫よけ対策を2つ紹介したいと思います。

アブにオススメ!パワー赤函 森林香


蚊取り線香は、蚊に効果がありますが、それ以外の害虫にはほとんど効果がありません。そのため、ハエやアブに対する対策としては、このパワー赤函 森林香が必須となります。

この線香の特徴として、メトフルトリンという有効成分が、害虫を退治してくれます。ユスリカ,チョウバエ,アブ,ブユ等に効果があります。メトフルトリンとは、家庭用の殺虫剤にもよく使用される成分で、人体に対して安全性の高い成分のため、小さな子供がいる家庭でも安心です。

但しデメリットしては、価格が少しお高め…。
また、普通の蚊取線香と比べて煙の量も多いため、近くに置くとむせてしまうくらいモクモクします。
我が家では、サイトの角や両サイドの2箇所に設置するようにしています。

箱の中には10個パック×3の30個入っています。

たまにお店で10個パック単位で売られているのを見かけます。1回のキャンプで2個程度しか使いませんので、10個パック単位で買ってもいいかもしれません。

なお我が家では、ちょっとおしゃれな線香置きを使用しています。

左がティピーテント型で、右が飯盒型。右の飯盒型はフタが付いているため,小さなお子様がいるご家庭でも安心です。

レインボーオイル 防虫ハーブ

夜になると、昼間にいなかった害虫がタープの下やテント周辺に遊びにやってきます。夜ごはんを食べていても、お構いなしにブンブン飛んできて、厄介ですよね。
そんなとき、オイルランタンにハーブ効果のあるオイルを使用すると、虫を寄せ付けません。
我が家で使用するのは、デイツのハリケーンランタン用のレインボーオイルで防虫ハーブタイプになります。

明かりが灯せて害虫も寄せ付けない、正に「一石二鳥」です。

特にキャンプの夜はお酒を飲みますので、アルコールの匂いでやぶ蚊が寄ってきます。ハリケーンランタンにこのレインボーオイルで火を灯せば、蚊が近寄ってくることはありません。

おまけに天然ハーブ成分入りで、ミントのようないい匂いがします。
我が家ではテーブルに複数のランタンを置くことで、害虫が近寄らないように対策しています。

それと虫を寄せ付けないために大事なのが、テントから少し離れた位置に明るいランタンを置くこと。夜に現れる虫は光に集まる習性がありますので、そこに虫を集めることでテントやテーブルの周りに虫を寄せ付けません。

まとめ

キャンプのときの虫よけ対策は、基本的に以上の2つでOK!
それと当たり前なことですが、なるべく露出が少なくなるように長袖・長ズボンを着用することをおすすめします。

最後になりますが、生ごみが原因でハエが多く発生しているキャンプ場も少なからずあります。こればかりは事前に口コミ等でチェックするしか方法がありません。また、高原のキャンプ場は夏場でも涼しく、虫が少ないことが多いです。事前に準備して、快適なキャンプライフを過ごしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。ほかの記事も是非読んでみてくださいね!
ブログランキング・にほんブログ村へ